人との関わり方、上に立つ人間としての立ち居振る舞いは青野社長から学んだというマネージャー、大浦将吾様にお話を伺いました。

この仕事の魅力は何ですか?

お客様の声がモチベーション

この仕事が面白いのは、お客様の声を間近に聞けることですかね。
「ラクになったよ」とか「ありがとう」とか、反応がすぐ聞けるので、自分のモチベーションにもつながります。

逆に、反応が聞けなかった日は、「何がいけなかったのかな?」という改善点にもなる。
試行錯誤の毎日でしたね。

スタッフという立場からスーパバイザーになってからは上に立つ者として、難しい局面に立たされることも何度かありました。
でも、経験が積めるという点では、いい勉強になりましたね。

直営店であろうがフランチャイズであろうが、「ここ一番」という時には、必ず青野社長が出てきてくれるので、本当に頼りになりますよ。

TAiSEiKANはどんな会社ですか?青野社長は?

失敗をバネに頑張れる

ビジネスの場面での社長はいつでも部下を信頼してくれるので、基本的に何でも任せてくれて、権限を与えてくれます。失敗しても責めるどころか、逆に「こうすればよかったんじゃない?」ってアドバイスしてくれるので、反省をバネにまた頑張ろうって思うんです。

「この会社に入ったからには失敗を恐れず、様々なことに果敢に挑戦して欲しい」という部下への願いが根底にあるんじゃないでしょうか。

青野社長とのエピソードはありすぎて困るくらいで(笑)。
困っている時に助けてくれたっていうエピソードだけで、どれだけあるかな・・・。

例えば仕事でがんばりすぎて気がつけば終電を逃してしまった・・・そんな時、真っ先に思いつくのは青野社長の顔なんですよね。で、やっぱり期待通りに迎えに来てくれる。
仕事の時だけじゃないですよ、車で事故して困った時どうしよう・・・と思ったらやっぱり社長の顔を思い出すんです。

社長っ手言うよりも、友達、ファミリーって感じかな?

飲みに行ったら普通に飲み友達になれるし、社内でも話をする時は親近感を持って接してくれる。いつでもリラックスして話せるんですよね。
この会社の最大の魅力は、社長との距離が近いこと。「社長なら聞いてくれる」、「社長なら話せる」っていう雰囲気がいつでもありますよ。素で接しているというのかな。計算じゃなくて、心の底から自分のことを思ってくれる。だから、ついつい安心して頼ってしまう。普通の会社じゃ考えられないことですよ。

採用に関するお問合せ

TOPへ戻る